栄養カウンセリングするには国家試験に合格し、クライアントの栄養管理を行う

FrontPage

栄養カウンセリングとは

〜栄養カウンセリングは心理学領域を発展させたもの〜

  • 栄養カウンセリングは何か問題を抱えている人、問題の解決のため援助や手助けが必要な人を、サポートをする目的で行う相談や面談のこと。行う人をカウンセラーという。
  • 実際の面談では、相互の会話のみならず、態度、表情、その場の雰囲気などをふくめたコミュニケーションとり、相談者の行動が改善され、意欲ある生きるなど、精神的にも解決に向かうようサポートすること。
  • 栄養カウンセリングは心理学領域を発展させたもので、これから取り上げる栄養士 管理栄養士が栄養教育を行う際には、こうした心理学の基礎をふまえたカウンセリング理論と技法を学び、取り入れていくことが効果的で有用だとされている。
  • ほかの心理療法と違う点は教育的な役割が大きく、常に栄養士 管理栄養士の立場からクライアントが自分の食生活を理解し、食生活上の改善課題に気づいて自ら行動変容していけるように援助します。

栄養カウンセリングを行うために

counseling_woman
  • 自らも栄養士 管理栄養士としての専門知識を持ち、仕事も人と接し、協業する業務が多い。
  • 今、専門知識に加えてカウンセリング技術を身につけた栄養士・管理栄養士が求められている。
  • 「栄養カウンセリング」は食生活上の改善を必要としている人、カウンセリング技法を用いて、その人の管理栄養の問題解決していけるように共に努力していく。
  • このとき、クライアントとは相談する方・対象者を呼んでおり、クライアントを援助する栄養士 管理栄養士は「カウンセラー」となる。

栄養カウンセリングは食生活改善をサポート

  • 従来は栄養士 管理栄養士側が改善点や改善方法を指導し、方法など知識を「このようにしてください」と現場の人に、相談者に、指示・伝達する方法でした。
  • 栄養カウンセリングは今までの方法とは異なりクライアント中心で進んでいきます。
  • クライアント自らに「食生活改善してみようかな」とやる気になってもらい、「自分でやるんだ」と考え取り組んでもらえるように、栄養士 管理栄養士はカウンセリング技術を用いてクライアントの自立を尊重し支えていきます。
  • そのためにはまず、クライアントとの信頼関係を築くことが重要。そして「この人ならと信頼しできる!」と自分の気持ちを開いてもらうことが重要。
  • そんな信頼関係を持てると、栄養士 管理栄養士はさらにクライアントについて知ることができます。
  • 信頼関係の基盤がなければカウンセリングは1回で終わってしまうおそれがあり、成功したとは言えない場合があります。
  • 栄養カウンセリングは継続が重要です。そしてクライアントの食生活の改善があります。

実際の病院や学校で働く栄養士、管理栄養士の食事管理

  • 栄養指導の内容を具体的に献立にする仕事です。
  • 病院なら高血圧や糖尿病の患者の病気・症状を考慮します。
  • 学校においては学童の発育成長を考えて栄養量を決める
  • 食材価格、季節感のある食材料など、いろいろな面から献立を立てる。
  • 給食を調理作業する人と相互に協力して作ることも必要。
  • 一定に時間に、一度に多量の食事を作る技術も必要。
  • 新メニューを考案、実現する。

など栄養士、管理栄養士として食事の管理面でもアドバイスが必要です。

栄養カウンセリングの仕事場としては

  • 学校、給食センター、保育園など、社会福祉施設である児童福祉施設、、病院、老人ホームなど、があります。
  • 大勢の人が訪れるスポーツクラブやレストランなどで栄養コンサルタントとして働くケースも増えてきています。

勤務時間について

  • 病院などでは、早出・遅出などの交代制勤務がる。

栄養カウンセリング技術の基本

  • 栄養カウンセリングの技法の中で、大切な「受容」「共感」「傾聴」のポイントがあります。これらは栄養カウンセリング以外でも用いられているカウンセリングの基本的な姿勢です。
  • これについて学び、体験し、知っていると人と接する仕事やカウンセリングの実施の際に役立ちます。
  • 会社での上司・同僚、家族間、友人関係などのコミュニケーションにおいても、また普段の生活の中においても学ぶことだできるものです。

カウンセリングの仕事の基本

  • クライアントの話を熱心に、親身になり心から聴くことです。聴いて理解することが基本中の基本であり、「それとなくわかった」とは大きく異なります。

クライアント話を聴く

  • 栄養カウンセリングはまずクライアントの話を聴くことが第一歩。
  • クライアントの話を要約して、「〜ということですね」「それは〜ですね」「こういうことですか?」とまとめあげることで、クライアント自身が自分の考えを整理したり、客観的に自分を見つめることがでる。
  • そうすればクライアントが自分自身で問題点を発見しやすくなり、また話しさらに展開して、進めることだ可能になります。

栄養士専門学校などで「栄養カウセリング」として学ぶこと。

  • 栄養評価・判定が行われる現場で直接、人に接する臨地実習
  • 栄養士専門学校などで学んだ栄養評価、栄養管理、栄養教育、給食運営、給食技術などの知識・技術を実践の場面に適用する「臨地実習」
  • 実習は通常、3年後期から4年前期にかけて、病院、学校、事業所、福祉施設、保健センターなどで行われる。

管理栄養士としてさらに学ばなくてはならないこと(専門学校での例)

  • 管理栄養士には「食」だけでなく、「人体」についての知識も必要
  • 「解剖生理学実習」では、正常な生命活動の仕組みについて理解を深めるため、人体骨格標本の作成、運動機能測定、生理機能測定(血圧・体温測定)など。
  • 職場での栄養指導を行う上で必要なカウンセリング技術
  • 栄養教育では管理栄養士と対象者の間の信頼関係を深めることがたいせつです。
  • そのためには、管理栄養士はカウンセリング技法を習得し、カウンセリングマインドを身につけた対応を行うことが必要です。
  • 栄養カウンセリング論では、カウンセリングの基礎的なスキルを身につけることを目的としています。

栄養士・管理栄養士国家試験に合格!!必携受験書

◎◎◎◎栄養士・管理栄養士国家試験受験案内書の通販ショップカタログ◎◎◎◎

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional